FC2ブログ

パパ学のススメ!2010・第3回講座の様子 

カテゴリ:パパ学のススメ2010!パパカレッジ

パパカレッジ(=パパカレ)
男性が育児を楽しむために必要なマインドを学び、
ネットワーク(パパ友)をつくることを通して、
「笑っている父親」になるためのカレッジ

11月27日(土)14:00~16:00まで、弘前文化センター第3会議室を会場に、
パパカレッジ講座3回目を実施いたしました。

今回のパパカレッジのテーマは、
"ママの気持ちを学ぶ!"
ということで、コーディネーターに
弘前大学人文学部教授ビクター・リー・カーペンター氏を招き、
男女共同参画の視点からのお話や
子育てをしながら職場復帰をされた現役ママさんのお話を通して
"ママの気持ち"に
触れてみました。
パパカレ③

男女共同参画についてなど、言葉では理解していても、
実際に具体的な内容となると、ピンと来ない場合もあります。

現役ママさんのお話を聞きながら、
ママと子ども、ママと仕事、ママとパパのつながりについて考えていきます。
講座の様子!

休憩をはさんだあとは、前回と同じように、
少し机から離れて、前半のお話を通して感じたことや考えたことを
コーディネーターがまとめながらフリートークをしました。
フリートーク

パパカレッジの特徴は、
現役パパだけではなく、将来パパになる独身男性も参加している点です。
パパママや男女という以外に、
人間同士の関わり合いの大切さが見えてくる内容でした。
フリートーク②

パパカレッジは、今回で3回目の講座となりましたが、
パパカレッジには無料託児も同時に併設されています!

最初は、一組の希望だった託児も、
回数を重ねるごとに、2組、3組…と増えてきています。

休日に
子どもと一緒にお出かけ。
子どもたちはパパが近くにいる安心感に包まれ、
パパは、パパカレッジの講座に参加。

少しずつ、男性が育児を楽しむために必要なマインドが広がっているようなエピソードです。
パパ!

来月のパパカレッジは、

■12月18日(土)13:30~15:30
■弘前市総合学習センター大会議室

NPO法人フローレンス代表の駒崎弘樹氏
をお招きして、
"ワーク・ライフ・バランスを学ぶ"を開講します!


次回は、公開講座!!



子育て中のパパ・ママはもちろん、これからパパ・ママになる方や関心のある方ならどなたでも参加できます!
受講は無料となっておりますので、
ぜひ、この機会に、自分らしい"ワーク・ライフ・バランス"を考えてみませんか??

詳しくは、当ブログをご覧ください!
【ご案内】パパ学のススメ!公開講座~駒崎弘樹氏~

【ご案内】パパ学のススメ!公開講座~駒崎弘樹氏~ 

カテゴリ:パパ学のススメ2010!パパカレッジ

"パパ学のススメ!2010公開公開講座"のご案内です!

弘前こどもコミュニティ・ぴーぷるでは、
"今、1人ひとりが実践する
 ワーク・ライフ・バランス~パパの育児参加~"

をテーマに下記の要項で公開講座を開催いたします。

"イクメン"とは、
子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。
将来。そんな人生を送ろうと考えている男性のこと。
"イクメン"がもっと多くなれば、パートナーの生き方が、子どもたちの可能性が、
家族のあり方が大きく変わっていくはず。
駒崎氏のお話から、
あなたらしい"ワーク・ライフ・バランス"をデザインしてみませんか
†††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††
■日  時:平成22年12月18日(土)
       13:30~15:30
■場  所:弘前市総合学習センター大会議室

           (青森県弘前市大字末広4丁目10-1)
■対  象:子育て中の保護者、
      これからパパ・ママになる方や関心のある方なら
どなたでも参加できます。
■定  員:80名
   
          (先着順・定員になり次第締切)
■無料託児:10名 
          (先着順・定員になり次第締切)
†††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††
申込みはFAXまたは、E-mailで下記事項を記入の上、お申し込みください。
①参加者氏名(フリガナ)
②電話番号

※託児をご希望される方は、上記以外に
●お子様の氏名(フリガナ)
●性別・年齢を合わせてご記入ください。
†††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††††

今回の公開講座では、
なんと、
NPO法人フローレンス代表理事
厚生労働省イクメンプロジェクト推進メンバー
駒崎弘樹氏

をお招きしての2時間たっぷりの深い内容で開催します。
大学卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、育児と仕事の両立をするのが当然の社会をつくれまいか」と考え、「フローレンス・プロジェクト」をスタートしました。
今年、9月に第一子が誕生し10月11月の育児休暇を経て、12月に来弘くださります!

近年、話題になっているワーク・ライフ・バランスは、今を生きる私たちにとって、
また、子どもたちがいきいきと自分らしくいれる未来の創造のためにも
必要な意識です。

明日の自分と
未来の子どもたちのために…
この機会に、
"一歩"
踏み出してみませんか?

申込み先・詳細はこちらをクリック!!
パパカレッジ公開講座!



パパカレッジ講座2回目、開催!! 

カテゴリ:パパ学のススメ2010!パパカレッジ

パパカレッジ(=パパカレ)
男性が育児を楽しむために必要なマインドを学び、
ネットワーク(パパ友)をつくることを通して、
「笑っている父親」になるためのカレッジ


10月16日(土)に、
パパ学のススメ!2010 パパカレッジ
第2回目講座が開催されました!!
2回目となるこの日の会場は、弘前文化センター第3会議室。
見事な秋晴れの中、続々と受講生のパパ&プレパパが集合しました。

パパカレッジ2回目の始まり
「パパ力向上委員会」委員長 齋藤望氏のあいさつで、本講座がスタート。

前回は、「あそびを学ぶ」をテーマに、からだとココロをほぐしましたが、今回のテーマは…
「先輩パパに学ぶ!」
コーディネーターは、弘前大学人文学部教授ビクター・リー・カーペンター氏。
2名の先輩パパをお迎えして、いろいろなパパ体験談をお話していただきました。

今回の報告する方々
まず、最初の先輩パパからは
職場以外のパパネットワークの広がりと子育てを通して得たことを、パワーポイントを使用して話していただきました。

パパだけに限らないことですが、社会人になるとどうしても人間関係が職場内に狭くなりがち。
パパになることで、職場以外でのネットワークをつくりそこから広がるつながりの大きさについて、子どもの成長過程を軸に話していきます。
日々、成長していく子どもたちに父親として寄り添った体験談は、パパ&プレパパの受講生にも、イメージがわく内容でした。

2人目の先輩パパからは家族との向き合い方です!
先輩パパのお話
パパになるということは、子どもに寄り添う以外にも家族のつながりを確かなものにすることも大切になります。
ここでは、実際の先輩パパの家族構成を例にあげながら、パパとして・夫としての体験談を話していただきました。
その中でも、
「父親は、子どもの最後の砦でありたい」という言葉が、とりわけ強く胸に響きました。
先輩パパの「リアル」な体験談をお話いただいたところで、
講座は、いったん休憩!
休憩中も和みモード
開講当初はやや緊張気味だった受講生が、次第にちょっとずつ打ち解けていく様子が、
休憩中に和んでいる受講生の笑顔で伝わります。

休憩後は、みんなで輪になり、コーディネーターを務めていただくビクター・リー・カーペンター氏を中心に、
先の2人の先輩パパのお話を例にあげながら、フリートークが始まります。
みんなで

本講座の受講生には、独身男性も参加しています。
「(受講は)将来の役に立つと思ったから」この気持ちに対して、先輩パパからは
「絶対に役に立つ!前から、こういう機会があれば自分ももっと違う考えや学びができたはず」とこれもまた「リアル」な声があがりました。
文化の違いから学ぶこと
アメリカ出身のビクター・リー・カーペンター氏は、アメリカと日本の文化の違いを交えながら、
パパとしての向き合い方や、家族とのつながりについて話をまとめていきます。

まとめ
講座のまとめをアンケート用紙に書いていきます。
自分自身の体験談、子どもの頃の父親との関わり、将来のイメージ等…
パパカレッジを通して、パパとしてだけではなく、1人の人間としていかに生きるかを考える機会になっているようです。

次回は、
11月27日(土)14:00~16:00
弘前文化センター第3会議室

今回と同じく、弘前大学人文学部教授ビクター・リー・カーペンター氏をコーディネートにお迎えし、
「ママの気持ちを学ぶ!」をテーマに開講します!

パパ学のススメ!2010パパカレッジ開講!! 

カテゴリ:パパ学のススメ2010!パパカレッジ

パパカレッジ(=パパカレ
男性が育児を楽しむために必要なマインドを学び、
ネットワーク(パパ友)をつくることを通して、
「笑っている父親」になるためのカレッジ

9月26日(日)
弘前観光館多目的ホールにて、
パパカレッジ講座の第1回目が開催されました。

この日の参加者はスタッフを合わせて20名。
当日出張が入って・・・などのお話もありましたが、

″笑っているパパ″への第1歩を踏み出そうとしたその気持ちが、
なによりも大きな一歩を、
すでに踏みだしていると言えるのではないでしょうか。


パパカレ
「パパ力向上委員会」委員長 齋藤望さんのあいさつ。
小学生2人を子育て中のパパとして思いを込めた内容でした。


そして、いよいよ講座の開始!
講師は、NPO法人あそび環境Museumアフタフ・バーバン理事長 北島尚志氏をお招きし、
「あそびを学ぶ!」をテーマにパパカレのスタートです。

昔は遊びの名人だったパパたち。
まずは、お隣同士で簡単な手遊びからスタートです。
お隣同士手遊び

続いては、
大きな輪になり、電流リレー。
初対面同士が気持ちを通じ合わせ、ひとつの目標を共有する際に有効なアクティビティの
ひとつである「電流リレー」は
子どもも大人も、場所を問わずに気軽にできる遊びのひとつです。
電流リレーです

もう少し体を動かそうということで、
「すずめのお宿」という遊びをしました。
すずめのお宿
2人一組が宿を作り、
「忍者!」という掛け声で、その中に1人が入り込むという遊びです。
さらには、「ひかり!」というと、
全員が全く違う人と組んだり役割を変えないといけないので、
あたふたする1場面もありました。

ここでも、新聞紙を使い、
今度は2人一組になって、
前から後ろへ、後ろから前へ新聞紙ボールを投げ渡す遊びです。
新聞紙ボール

少しは慣れてスムーズにできるようになったら、
今度は4人一組になって、横にボールを受け渡すリレーの開始。
″どうしたらもっと早くできる?″
この4人の共通目的を達成するために、次々とアイディアが飛び交います。

ひとつの目的に対していろんなアイディアを出し合う。
そのプロセスを遊びを通して体感しました。

続いては、
「人間写真」です。
写真
この形、なにに見えますか??

この遊びは、
グループにひとつお題を出し、
そのお題から連想するものを
グループで表現して、他のグループが当てるというものです。

真剣に表現することも、
遊びを楽しむことのひとつ。

ちなみの先ほどの写真は、
「岩木山」でした!
お~っという歓声や笑いが絶えない時間が過ぎます。

遊びを満喫したところで、今日のまとめに入ります。
まとめ

社会には、
ひとつの答えに向かうことも必要な場合がありますが、
遊びの中では
いくつも答えがあるということ。

面白さに向かって遊ぶことは、
その時間や意識を共有し、わかちあうやりとりの中で生まれるというメッセージを
この時間を通して
講師である北島氏よりいただきました。

次の講座の予定は、
10月16日(土) 14:00~16:00
弘前文化センター第3会議室


コーディネーターに、弘前大学人文学部教授 カーペンター・ビクターリー氏をお招きして
「先輩パパに学ぶ!」をテーマに開講します!

「パパカレッジ」受講者募集中!! 

カテゴリ:パパ学のススメ2010!パパカレッジ

ぴーぷるでは青森県からの委託事業として
「地域でつくるFatheling応援事業」に取り組んでいます。

そのひとつとして
パパ学のススメ!2010
パパカレッジ を開講します!!

男性が育児を楽しむために必要なマインドを学び、
ネットワーク(パパ友)をつくることを通して、
「笑っている父親」になるためのカレッジです。

先輩パパや子育て真っ最中のママの生の声を聞きながら、
皆で共感したり、新たな気付きがあったり、楽しみながら学べる講座です。

《プログラム》
第1回 9月26日(日)  「あそびを学ぶ!」
第2回 10月16日(土) 「先輩パパに学ぶ!」
第3回 11月27日(土) 「ママの気持ちを学ぶ!」
第4回 12月18日(土) 「ワーク・ライフ・バランスを学ぶ!」
第5回 1月22日(土)  「食を学ぶ!」
第6回 2月5日(土)  「みんなで学ぶ!」


チラシ

講師もバラエティにとんだ方をお迎えしています。

受講で得られる効果はいっぱい!
 ☆子どもとの付き合い方が分かり、育児が上手くなる
   →子どもに尊敬される父親になれる

 ☆子育てが楽しくなり、家族と過ごす時間が増える
   →妻に感謝され、愛される夫になる

全6回の連続講座ですが、都合の悪い日がある場合は、
あらかじめご連絡を下さればOKです。

育児中のパパ、これからパパになるプレパパ、
そして将来パパになるであろう独身男性の方。
パパ友を増やしながら、子育てを楽しむために是非ご参加下さい。

募集は20名。
定員になり次第締め切りとなりますので、お早めにお申し込み下さい。