FC2ブログ

子どもの木育体験活動2011・秋 

カテゴリ:子育て支援事業

10月2日(日)
「あおもり遊び体験広場」
子どもの木育体験活動2011・が開催されました。

「木育」とは、
豊かな森林と木材に恵まれた
北海道生まれの新しい言葉です。
それは、子どもをはじめとする
すべての人が
木を身近に使っていくことを感じて
人と、木や森とのかかわりを
主体的に考えられる
豊かな心を育むことです。

今日はよろしくね
中央弘前駅に集合してグループごとに自己紹介。
「今日はよろしくね(^_-)-☆」
初めて会う同じグループの子にちょっと緊張気味かな?


雨の中移動
朝は快晴だったのにあいにくの雨(>_<)
小雨の中、大仏公園まで頑張って歩きます。


東屋
天候が安定しないため東屋でのツリーイング。
これもなかなか貴重な体験です(*^^)v


説明をしっかり
夏に引き続き「ツリーイングクラブ青い森~チーム弘前~」の方々に講師をしていただきました。
説明をしっかり聞いていざ挑戦!!


自分の力で
自分の力だけでロープを使い登っていきます。


みんな続々と登ります
順番にみんな続々と登っていきます。


慣れてくるとこんなことも(^O^)↓
手放し
手放し~\(^o^)/


さかさま
さかさま~\(^o^)/


私だって
私だって~!!\(^o^)/
周りの子を見て次々と挑戦してくれました。


カエルみつけた
ツリーイングを待っている時間にカエルやバッタをつかまえたり、
きれいな落ち葉や、不思議な実を見つけたり


だるまさんが
だるまさんが転んだなど鬼ごっこをして遊んで楽しみました。
(ぬかるんでいたため転んで泥がついた子も…。お家の方お洗濯ありがとうございますm(__)m)


前田さん説明
ツリーイング後は石川公民館へ移動して昼食を食べ、一遊びをしてからこまづくり(^O^)/
「あじゃら工房」の前田さんに講師に来ていただきました。
コマの軸を削る時に小刀を使うので注意が必要(>_<)


真剣に聞いています
みんな刃物の便利さと怖さを分かってくれて真剣に取り組んでいます。
このひと時石川公民館に子どもがたくさんいるとは思えないほど静かだったとか!?


真剣
見てください!この真剣な顔!


東屋 (1)
軸が削れたら模様・絵を付けていきます。
女の子たちは「デコる」作業が楽しかったようで時間をかけ思い思いにデコっていました(^^ゞ


ドリル
片面はドリルを使い模様付け。
一瞬で円が描けるのでうずまきにしたり
何重にもたくさん色を使って円を描いたりして楽しみました。


今日の作品
世界にひとつだけのオリジナルこまが出来ました\(^o^)/


帰りの電車の中
行き・帰りの電車の中では弘南鉄道のアテンダントさんが豆知識を教えてくれました。
みんな一斉にその方向を向いて「どれ?ほんとだ~」
どんな豆知識かは乗った人のみぞ知る(^_^)v



今回の「木育体験活動2011・秋」では天候が定まらず
降ったりやんだりの雨にやきもきさせられましたが、
いつでも元気いっぱいの子どもたちがワクワクした表情や真剣な表情、
達成感いっぱいの表情などくるくる変わり万華鏡のようにキラキラしている笑顔に出会えて
私たちも楽しい気持ちでいっぱいになりました。


全員で

ありがとうございました\(^o^)/
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)