FC2ブログ

親子レク出張講座「木育寺子屋」in 新和小学校3年生 

カテゴリ:木育

12月16日(日)、
弘前市立新和小学校第3学年の親子レクへ「木育寺子屋」の出張講座として行ってきました。
木育(もくいく)とは、五感を通して木を身近に感じる事で、木や森との関わりを主体的に考えられる
豊かな心を育む活動です。


新和小学校は9月に4年生の親子レクへ行って以来。
冬道もなんのその!と、トラックにおもちゃを積んで、出かけました(^O^)/

皆さんに会場のセッティングを手伝っていただき、早い時間に準備は万端!
木育寺子屋、いよいよ始まりますよ
P1010706.jpg
P1010719.jpg

スタート1

前回の4年生の時とは、内容を少し変えて。木の種類をパネルでお勉強。
ヒバ、ブナ、ヤマザクラ。青森県にゆかりのある木について学びました。
IMG_2867.jpg

続いて、どちらが早いか でウォーミングアップ。
糸を巻きながら前に進んで行く派と、自分は動かず、相手に動いてもらう派に分かれます。
あなたはどっち!?
IMG_2876.jpg
IMG_2880.jpg

第二部は、楽しいボードゲーム大会!
エキサイティングな様子を覗いてみると
エキサイト

指先に神経を集中しています!
カエルさんジャンプ
8匹のカエルが、何匹バケツに入るかを、競っています。
かえるジャンプ

パパ達が対戦中
てんとう虫じゃんけん

パパ対決

こちらは、ゴムの木をリサイクル(樹液を取り除いた後の木を再活用)して作ったおもちゃ
サボテンバランス
小さいパーツから挿して、スリルを楽しむ子もいました(^.^)
サボテンバランス

「思ったより難しい」
この日用意したおもちゃで一番難しかった
さわってなあに
さわってなーに
みんな、自分の点数忘れずにね。
続いて、どこでも大人気の うづくり積み木
こちらの会場では、スカイツリーが2つ、そびえています。
スカイツリー対決
親子で共同作業中!
高い!(゜o゜)

IMG_2888.jpg
着せ替え人形 どんぐりコロコロ。木で作られたおもちゃで和やかに遊ぶ子ども達。
木の手触りは、いちばん人肌に近いと言われているんです。

P1010741.jpg
P1010739.jpg

IMG_2883.jpg
点数発表
楽しかった時間はあっという間。
ボードゲームの得点発表タイム!
「200点以上の人!」
「はい!」「はい!」
点数発表3

上位4名の子どもたちに、箱カメラをプレゼント。
みんな、お家でつくってね(^O^)/
上位4名
最後

新和小学校3年生のみなさん、父兄の方、先生方、今回お招きいただきまして
本当にありがとうございました。
今日、木について沢山学んだこと、木のおもちゃで沢山遊んだこと、
木を通して、楽しい時間を過ごしたこと・・・
みなさんの周りの木を見たとき、思い出してくださいね(^^)v
スポンサーサイト




平成24年度被災者交流総合支援事業WS「わなげツリー」開催いたしました 

カテゴリ:egao応援プロジェクト

12月18日(火)、青森県が取り組んでいる被災者交流総合支援事業として
手作りおもちゃのワークショップ「かんたんわなげツリー」を開催しました。

東日本大震災により青森県中南地域に避難している方々と、受け入れ地域との交流を促進することを目的としている、このWSも、8月、9月に続いて3回目の開催です。
今回は、クリスマス間近ということもあり、輪投げとして遊べる、クリスマスツリーを作ります。

参加者の皆さんが集まり、まずは導入の手遊びからスタート!
リング型のおもちゃが、ハンカチを通すことによって、お人形に変身する様子に
みなさん大盛り上がり。
実は今日作る「わなげツリー」の輪の部分でも、この遊びができるんです♪
IMG_3696.jpg

カラフルな、キットを配り、制作スタート!
今回の制作過程は、梱包材の‘プチプチ’を、フェルトで巻く作業がたくさんあります。
IMG_3700.jpg

次は、緑色と黄緑色のフェルトで、‘のりまき’をつくりましょう!
「ふむふむ」子どもたちも、一生懸命、説明を聞いていますね(^_-)-☆
IMG_3704.jpg

パパも参加してくださいました。
ママは緑色の“のりまき”を、ヘビに見立てて遊んでいますよ。
IMG_3702.jpg

「ママ、手伝うよ」
IMG_3708.jpg
子どもたちは、両面テープをはがしたり、“プチプチ”や、フェルトを巻く作業を手伝ったり、
みんな集中してがんばってくれました(^^)
IMG_3707.jpg
女の子達は、毛糸にビーズを通す作業が気にいったようです。
今回は、針と糸を使わずに作るので、毛糸の先をセロテープでぐるぐる巻いて尖らせ、
ここからビーズを通しているんです。だから、お子さんにも出来たのですね(*^_^*)
IMG_3705.jpg

ついに完成!
IMG_3710.jpg
ボリュームある、かわいらしいツリーが出来ました。

手作りおもちゃが完成した後は、楽しい交流タイム。
IMG_3713.jpg
1時間、お手伝いをがんばった子どもたちは、おもちゃでリフレッシュ(^^)
IMG_3712.jpg

今回、市民の方のご厚意により、「被災者の方へお渡しください」と、“焼き物折り鶴”をいただきました。
その方に代わって、進呈させていただきました。どうもありがとうございました。
IMG_3715.jpg
“焼き物折り鶴”とは、極薄陶器用に開発された特殊な紙で“折り紙”をしたものに、専用の土を掛けて
焼き物としたものです。
東日本大震災被災地へ“焼き物折り鶴”を一万羽届けるプロジェクトも実施されています。



参加してくださった皆様、ありがとうございました。
次回のWS「かんたん わなげツリー」は、12月25日(火)開催いたします。
まだ少し空きがございますので、お申込みを希望される方はあおももり遊び体験広場55-0671までお電話ください。


参加者の方より、材料の寸法の問い合わせがありましたので、材料と作り方も一緒にお知らせいたします。
<わなげツリー材料>
一番上の小さな輪:フェルトは 10cm×27cm(プチプチは10cm×25cm)黄緑
二番目の   輪:フェルトは 10cm×30cm(プチプチは10cm×27cm)緑
三番目の   輪:フェルトは 10cm×32cm(プチプチは10cm×30cm)黄緑
四番目の大きな輪:フェルトは 10cm×34cm(プチプチは10cm×32cm)緑
木の幹     :フェルトは 10cm×20cm(プチプチは20cm×20cm)茶
鉢の部分    :フェルトは  7cm×30cm(プチプチは20cm×40cm)ピンク
割りばし、ガムテープの芯、両面テープ、ペットボトルのキャップ、毛糸、ビーズ、リボン
<作り方>
1.割りばしに木の幹用のプチプチを巻き、セロテープでとめ、フェルトでくるみ、両面テープでとめる。
2.1に、鉢用のプチプチを巻き、ガムテープ芯の中に入れ、フェルトでくるむ。幹の上にキャップをかぶせる。
3.輪の部分は、プチプチを巻いたものを、フェルトでくるみ、両面テープでとめる。
4.輪の部分を毛糸でぐるぐる巻き、好みでビーズやリボンを通して出来上がり!