FC2ブログ

ワーク・ライフ・バランス~NPO法人フローレンス代表駒崎氏をお招きして~ 

カテゴリ:パパ学のススメ2010!パパカレッジ

弘前こどもコミュニティ・ぴーぷるでは、
"今、1人ひとりが実践する
 ワーク・ライフ・バランス~パパの育児参加~"

をテーマに、
12月18日(土)
弘前市総合学習センターを会場に、パパカレッジ公開講座を開催致しました!

"イクメン"とは、
子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。
将来。そんな人生を送ろうと考えている男性のこと。
"イクメン"がもっと多くなれば、パートナーの生き方が、子どもたちの可能性が、
家族のあり方が大きく変わっていくはず。
駒崎氏のお話から、
あなたらしい"ワーク・ライフ・バランス"をデザインしてみませんか


ということで、
今回の講師にお招きした方は、
NPO法人フローレンス代表理事
厚生労働省イクメンプロジェクト推進メンバー
駒崎弘樹氏
です!
駒崎氏は、大学卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、育児と仕事の両立をするのが当然の社会をつくれまいか」と考え、「フローレンス・プロジェクト」をスタートしました。その後、働き方革命ということで、
働き方を変えることで、生産性の向上につなげ、結果働く人とその周りにいる家族・パートナーを楽にしていくという実践を行っています。

当日は、
おそらく今年一番の大雪に見舞われた弘前市。
しかし、この日のために多くの方が会場に足をお運びくださいました。

また、今回の公開講座では、先着順での無料託児を設け、
パパもママも安心して講座に参加出来たようです。
近くにママとパパがいる安心感もあり、子どもたちは元気いっぱいに遊んでいました!
無料託児

13:30いよいよ講座スタートです。
パパ力向上委員会委員長斎藤望氏のあいさつと当法人代表理事のあいさつのあとに、
講演風景①

駒崎氏の自己紹介がはじまりました。
駒崎さん

今回のテーマでもある"ワーク・ライフ・バランス"
一見、子育て支援としての側面がクローズアップされがちですが、
実は、そこには企業にとってもメリットが大きい経営戦略のひとつでもあるそうです。

その秘密は
「働き方革命」にありました。

駒崎氏の体験談や実際のにほんの社会情勢から、
働き方の改革の必要性が迫られていること、
それは、トップダウンではなく、
自分たちが変わることで革命できるということから講演が始まりました。
働き方革命
自分たちが働き方を変えないといけない4つの理由について、
クイズ形式で会場と一緒に考えていきます。
隣同士でチームを組み、
スライドに映し出された空白の部分を埋めていきます。
考える
その中からひとつ。
20代~30代の男性の平均年収は、10年前に比べておおよそ(   )円下がった。
この空白に入る数字はどのくらいかわかりますか??

答えは、200万円以上下がっているそうです。

ゆえに共働きが必然と増えるのですが、
それに比例して増加するのが、メンタルヘルスに課題を抱える状況や介護の実態。

日本は、先進国の中でも一番最初に高齢化社会を迎え、このままでは2050年には40%が高齢者にとの試算も出ているようです。

そういった課題を少しでも改善しようとして提唱したのが
「働き方革命」
ワークライフバランスという、仕事とプライベートをうまく循環させることで、
仕事の生産性の向上を上げ、人生においても個々人や周りにいる人たちの満足度を高めていこうというものです。

ちょっとした工夫、
ちょっとした気配りで
仕事の多くが改善され、負担が減り、楽になる。
空いた時間を家族のため、自分のため、地域のために使い、
「傍を楽にする=働く」という考え方。

実際にフローレンスで実践している取組みを
スライドをみながらお話ししていただきました。

会場からも、
「いろんな人に聞いてほしい」などの声があがりました。
インタビュー

後半はワークショップを行いました。

①理想とする働き方についてかんたんに書いてシェアしていきます。
次に②実際の仕事の現状を考え、
③これらのギャップを埋めるために、
明日から自分が出来ることはなにか小さなことでもいいので実践できることを挙げてみます。
インタビュー2

働き方の可能性や
ライフビジョンについて、
深く考える機会になりました。


今回講師を引き受けてくださった駒崎さん本当にありがとうございました。

大切な人が笑顔でいるために、
自分自身が笑顔でいるために、

自分らしいワーク・ライフ・バランスをデザインする
自分にもできるヒントをたくさんいただきました!

弘前こどもコミュニティ・ぴーぷるでは、
引き続きパパ学のススメ!2010において、パパカレッジの開催をします!




スポンサーサイト




ぷらっとホール12月"マリンバコンサート&みんな一緒に大合奏"実施 

カテゴリ:ぷらっとホール

12月19日(日)、
弘前市まちなか情報センターにて、
地域がつくる子どもの文化芸術ふれあい事業
"ぷらっとホール"
が開催されました!

前日の大雪は嘘のように、
この日は青空が広がり、看板もこの日は外に2つ掲げました!
まちなか情報センター
クリスマス間近ということで、看板も少しクリスマス風にアレンジ(*^_^*)
クリスマス仕様

今回のぷらっとホールは、
"マリンバコンサート&みんな一緒に大合奏"
マリンバ奏者対馬文子さんとピアノ伴奏には大屋和香さんをお迎えして、
体験タイムを交えた1時間たっぷりのコンサートです!

続々と会場にはたくさんのご家族・来場者の方がお集まりになり、この日は70名以上の来場者で賑わいました。
いよいよぷらっとホールスタート!!
会場は、超満員で賑わいました!
満員!

"諸人こぞりて"やきよしこの夜など、
クリスマスにぴったりな音楽が会場を包みます。
ハーモニー


ピアノ伴奏に合わせたマリンバのきれいな音色とそれを生み出すテンポよく動く手元に
子どもも大人も釘づけの様子。
釘付け!

続いての演奏では、
ただいま、青森県立美術館で大好評開催中の「ジブリ」の音楽です。
おなじにとなりのトトロ「さんぽ」や天空の城ラピュタからは「君をのせて」など、
なじみある音楽に、会場からも手拍子が起こります。

ジブリ音楽のひとつ「崖の上のポニョ」では、
膝と手を使って、リズム遊びをしました。
4人で交互に向き合い、
音楽に合わせて膝・手・膝・前にと手でたたきます。
リズム遊び

会場でも、
お隣のお友達同士、家族で…等々リズム遊びに挑戦しました。

さらには、
子どもたちが鈴やタンバリン、マラカスを持って、
ゆめの(?)マリンバ&ピアノとのコラボレーションが実現!
みんな楽しそうに思い思いの楽器を手にします。
楽器
ジングルベルの音楽に合わせ楽器を鳴らし、「お正月」を引き続き奏でました!
演奏会!

少しからだを使ったところで、
今度は、少しゆったりと「きよしこの夜」。
マリンバの音に合わせて、
会場全体がハーモニーをします。

そして、
今回は、なんと会場の中のお友達もマリンバの演奏に挑戦!
木琴や鉄琴よりも大きなマリンバに子どもたちが挑戦です!
キラキラ星やきよしこの夜など、上手に弾いていました。
挑戦!


あっという間に一時間のコンサートが終了し、
会場からは自然にわき出るアンコールの拍手♪
アンコールには、「くまんばちの飛行」を演奏していただきました!

今回も、
大好評のうちに終了したぷらっとホール!
来場いただいた皆様、
今回演奏してくださった、対馬さん大屋さん、本当にありがとうございました!!

次回は、
平成23年1月16日!!!
第3日曜日に、まちなか情報センターでお会いできることを楽しみにしております!

※ぷらっとホールのこれからの予定は、こちらの記事をどうぞ!ぷらっとホールこれからの予定